頸椎椎間板ヘルニアを詳しく知ろう~ビリビリ痛み改善方法~

腰痛

足に青く血管が浮く

病院

下肢静脈瘤は静脈を通る血液が足に降りた状態のままで心臓に戻らなくなる病気なのです。大阪含めて手術は薬を血管内に入れる方法が多くなっています。また予防には足の運動を行うことや弾性ストッキングを利用する方法があります。病院でも指導がされるケースがあります。

めまい・耳鳴りの病気

女性

メニエール病は長期治療が必要となりますが、早期治療をはじめることで治りますので、慢性化してしまう前に病院を受診しましょう。メニエール病の症状を起こさせないように、ストレスを減らし、規則正しい生活を心がけましょう。

適切な対応が必要です

病院

骨粗鬆症の治療において特に大切なのは食事療法、特にカルシウムを摂ることですが、サプリメントを使って摂る方法もあります。また、コンドロイチン等も併せて摂取できるものが人気を集めています。骨粗鬆症は二次症状として寝たきりや介護が必要な状態になる病気でもあるため、適切な予防や治療が必要となります。

MRI検査などで調べる

腰痛

頸椎は7つにあります

背骨の中には空間があります。そしてこの空間は脊柱管とよばれています。この脊柱管には運動神経と知覚神経が通っており、この神経の部分を脊髄といいます。さらに、首の部分にある骨は頸椎といい、手や肩に向かって神経が枝分かれをしています。また、頸椎は第一頸椎から第七頸椎までの7つに分かれています。そして、それぞれの頸椎の間を支えているのが椎間板です。椎間板は弾力性に富んでおり、ちょうどクッションのような動きをして体や首の動きを滑らかにしています。そして、この頸椎の椎間板が壊れたりすることで、脊髄が圧迫されて出てしまうのが頸椎椎間板ヘルニアです。では頸椎椎間板ヘルニアではないかと診察を受けた時に、どんな検査を受けることになるのでしょうか。

きちんと検査を受ける

まず首の痛みや、しびれを感じた時には早めに医療機関で検査を受けるようにしましょう。また、頸椎椎間板ヘルニアではなく他の病気である可能性もあるため、しびれがなくても痛みが続いている場合は医師に相談を行うことが大切です。そして医療機関で行われる頸椎椎間板ヘルニアの検査には、X線撮影が行われます。しかし椎間板はX線には写らないので詳細に検査をする場合にはMRI検査が行われます。そのほか、知覚や筋力などに関する神経学的検査も行われます。また、CT検査や脊髄造影検査なども場合によっては行われることもあります。こうしてきちんと医療機関で検査を受けることで、適切な治療も受けることが出来ます。そのため、手術を受けなくて済む場合もあります。